信じる力 ー自分の反省も含めてー

未分類

自分自身のこととして考えてみて下さい

”信じられた場合”

”信じられてない場合”

どちらがやる気が出たり頑張ると思いますか?

 

二つの場合があると思います。

 

【その1:頑張っている場合】

頑張っているときに疑われると、

非常にやる気が損なわれますよね。

「もう頑張らない!」 とか 「どうでもいいや」

なんてなるでしょう。

 

自分自身を信じてくれて、

その上でちょっと意見が合わない部分は話し合う。

そうすることで、やる気を失わずに取り組んでくれるでしょう。

 

【その2:頑張っていない場合】

本人が頑張っていると思っていない、

テキトーにやっていると思っている時、

そんな時に信じられると・・・・

 

調子に乗ってしまう人が多いでしょう。

そうなると、「何やっても大丈夫」なんて勘違いしてしまい、

サボったりするだけでなく、不祥事まで起こしたりすることもあるでしょう。

 

”信じる” ってとても難しい。

 

相手の気持ちをしっかり掴んで対応することが必要でしょう。

コメント