孫子に学ぶ PDCAの基本

未分類

兵は拙速を聞くも、未だ巧久しきを睹ざるなり

孫子の兵法

———-口語—————–

戦争には多少拙い点があったとしても、速やかに事を進めて勝利したという成功事例はあるが、完璧を期して長引かせた結果の成功事例はない


 

スピードが速ければ、失敗した後のやり直しも速いということです。

 

何でもかんでも考えずにすぐやれという訳ではないですが、

熟慮して時間を費やしてしまっても意味がありません。

 

特に時代変化の早い今の世の中、

今日思いついたことをすぐにやらないと、

来週には別の人がやっていてビジネスを優位に進められてしまう

なんてことは良くあることになってきました。

 

直感の9割が正しいとか、7割が正しいなどの言葉を良く聞きます。

結局熟慮しても結果は同じ場合が多い。

なら、早く進めたほうがいいですよね。

 

プランして実行してチェックして更にアクションする、

そんなPDCAをいかに早くどれだけの回数を回す事が出来るか?

それが人生を楽しく効果的に生きていくための一つの方法かもしれません。

コメント