何気ない行動を有意義にするには

未分類

「こんな未来を実現したいな〜」

「人生、何か成し遂げたいな〜」

この記事を読んでらっしゃる方は、そんな思いで日々過ごしている方が多いと推測します。

 

私もそのうちの一人であって、

毎日、毎時、思考に実現したい未来に繋がるように注意しながら過ごしておりますが、

やっぱり100%の時間を実現したい未来に繋げる ということは難しいのが現実です。

 

ネットや新聞や雑誌で色々な記事を読みたいし、

様々なところから色々なメールが来て対応しないといけなかったり、

何気なくSNSをチェックしたりもします。

 

でもやっぱり、そういった行動も出来たら自分の実現したい未来に繋がるようにしたいですよね!

 

そこで本日はそんな行動を有意義にする方法になります。

 

様々な情報に対して、”誰かの役に立てるのでは?” と考えてみる

メールやSNSや新聞・雑誌、

これらには有用な情報が沢山あります。

 

自分にすぐに役に立たないとしても、

将来の自分に役にたったり周囲の人には凄く役にたったりするかもしれません。

 

記事を読むごとに、何か目にするごとに、

これは自分の未来に役に立たないか?

誰か他人の役に立たないか?

チェックしてみましょう!

 

ただし、一つの記事にあまり考え込む必要はありません。

直感的に考えてみて、捨てるものはガンガン捨てましょう。。

 

役に立ちそうなものにヒットしたら

何気なくみていたものが、

未来の自分だったり他の誰かの役に立ちそうだと思ったとします。

 

でも、役に立てる時がいつくるかもわかりません。

その時のためにしっかり記憶に残しておいて、その時が来たら役に立てるといいですよね。

 

でもただ、何気なく読んだだけではあんまり記憶に残りません。

 

記憶に残すためには、得た情報に対して、

”誰かに伝える” ”報告する” ”自分で活用する” 

そんな行動を通して、いつか誰か(将来の自分も含め)て役に立てられるかもしれない!?

そうゆう気持ちで一度考えて見ると凄く記憶に残ります。

 

記憶に残すために情報を得た時に考えること

記憶に残そうとしても、一つのトピックにあれもこれも覚えようとしても忘れてしまいます。

覚えるときにシンプルに整理しておくと、さっと記憶を引き出すことができます。

 

そこでシンプルに覚えておく事はただ2つ

1.(知り得た情報で)何が役立つか?(ポイントを一つに絞って)

2.どう役立つのか?

 

如何でしょうか?

訓練すれば、すぐにこの2つを考えることが出来るようになります。

ぜひ少しづつやってみてください!

 

ちなみに私がさっき見た記事では

1.役立つ情報: ピンクのバラは愛の誓い、11本は最愛という意味

2.どう役立つ?: 自分から奥様へのプレゼント だったり クライアントさんへの助言かな。。 

コメント