徳を積む

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が小さい頃はちょいちょい聞いていたけど、

最近聞かなくなった・・・ 「徳を積む」 という話。

「あの人は仁徳があるねぇ」

なんて良く聞いたものです。

 

ところで「徳」って何だろう?

 

ちょっとGoogle先生で検索して調べると

1.身についた品性。社会的に価値のある性質。善や正義にしたがう人格的能力。
2.広く他に影響を及ぼす望ましい態度。のり。おしえる。めぐむ。
なんて出てきます。

 

何だか難しいですね。

 

ぼくの思想の先生とさせて頂いている斎藤ひとりさんの言葉を借りると、

「徳を積むってのは、相手を明るくするような事をする・相手の気が軽くなるような事をする」

 

シンプルで解りやすいですね。

 

自分の思考と行動を ”相手を明るくするような事をする・相手の気が軽くなるような事をする” とコントロール出来れば、

魂力は上がりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です